読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶菓子の欠片

文芸とか北欧とかTF、雑記とか何かそういう

駄洒落党の躍進、法律党の惨敗

雑記帳

  猛暑だ。

 いやおかしい、至極おかしい。

 まだ6月も下旬に入ったぐらいだというのに、なんでこう30度越えを平気でかましてくるのか。熱中症日射病脱水症状、数多の悪魔が手ぐすね引いて待っているにしてはお早いご登場だ。お呼びでない。

 この様子なら8月辺りは身体が溶けてなくなってるかな。それも良い、そのまま面接も溶けてなくなってしまえ。


 

 唐突ながらミロという麦芽飲料がある。

 久しぶり飲んだ、ミロを。

 幼少時には缶のミロが自販機で買えたはずだけんども、今日この頃はほとんど見かけることが無く、たまにスーパーで粉のミロが売られているのを見かけるだけだった。

 その粉のミロにも手を付けず幾数年、期せずして再びミロを飲む機会に巡り合ったのうが昨日のこと。

 お世辞にも諸手を挙げて賛美できる程美味という訳でもなく、味としてはココアもどきと言わざるを得ず、大抵粉がコップの底に残る。満足度から言えばバンホーテンココアを飲んだ方が優位に決まっている。

 しかし人間とは単純なもので、幼少期に好んで飲んでいたという「思い出」の三文字が加味されれば、何とも言えない味の薄さも奥深さに早変わりするのだから驚きだ。これからしばらく小説執筆のお供になるだろうて。

 とりあえず飲んでミロと言いたい。

 メンタル回復に比例して抜けた法律知識の穴を埋めるように、余計なことにばかり脳のキャパが使われて行くな?

 


 社会の歯車選手権の結果が出るのははまだまだ先のことで一寸先は闇状態なのは変わっていないものの、一次試験の結果が軒並みそこまで悪くなかったことからある程度精神状態も良好になった。

 詰まる所大変な単純野郎という自己分析に成功。

 

 精神安定のおかげで、同期や後輩との次回文芸誌製作について話を進めることもできるようになってきた。

 発行できるとすれば秋。

 果たしてどのような面子で、どのくらいの完成度を持つ文芸誌を作り上げることができるか――ルーキーも非常に安定感と表現力のある小説を書ける逸材ばかりだから、今年の交流戦前のベイスターズ並に期待が膨らむ。

 

 今から楽しみだ_(:3」[_]