読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶菓子の欠片

文芸とか北欧とかTF、雑記とか何かそういう

〆切は続くよどこまでも

 

 一か月放置していた……

 

 散々長引かせていた社会の歯車選手権は、我が脆すぎメンタル君を犠牲にようやく終わりを迎え、晴れてゼンマイ仕掛けの歯車君へ進化する権利を手に入れた。

 若しくは退化する義務?

 

 とはいえひとまずは事が済んだので、研究のデータ収集が全く進んでおらず〆切様もあと僅かでご降臨という惨状を無視した上で――だから今現在もがき苦しんでいるのだが――昨日はシンゴジ君二回目の鑑賞へ突撃した。

 

 その方面に詳しい友人と観にいったこともあって色々と新しい発見があった。

 相方はカット割りや撮影方法といった面から絶賛していたが、私はというとやっぱり第二形態君可愛いなぁとか、成程あの俳優さんここにいたのか、等々下らんことを色々と確認。

 考察云々はもっとしっかりした人がやっているでしょう恐らく。

 

 しかし本筋と無関係なところに感動と驚愕を覚えるうすらとんかちのこんこんちきであるため、劇場の飲み物にバナナオレがあることに気付き一人狂喜乱舞していた。

 いつものようにアイスコーヒーにミルクもつけて、の流れかと思いきや、

 “バナナオレ 300円”

 の文字がメニューにあるとはこれ意外、もはや選択の余地なし。映画後半孤独な尿意との戦いを経験するほどにはごくごくと飲んでいた。

 シンゴジ君ありがとう_(:D」┌) ああでもイチゴオレはバイバイ

 

 おかげで鑑賞券含めもう財布の紐がびろんびろん。

 悔いなし。


 ※    ※


 話変わって創作方面では、私の所属しているサークルが恒例の文芸誌製作をおっぱじめたようで。

twitter.com

 テーマは「星」(のはず)。

 秋の大学祭と文学フリマで頒布する(はず)。

 本当にタイトルこれでいくのか、いや製本できるのか、はたまた原稿が集まるのかと不確定要素が多いので宣伝はこの位にとどめざるをえない。
 
 でも有能優秀な後輩が執筆者にも編集者にもいるからとても期待大。

 ネガ要素はTHE・老害君の私があろうことか1万字以上も紙幅を割く予定であること

 現物が出来上がったらまたダイレクトマーケティングに勤しむとします。

 


 こうしている間にも小説も研究も締め切り迫る。
 指標やデータセットを自作するっていうのはとてもつらい:(